体の不思議

10月のブログを担当します、えみです。

「ヨガ」というと、一般的には、体を使うヨガ「ハタヨガ」と言われています。
私たちのヨガのクラスも、いろいろと流派・スタイルがありますが、「ハタヨガ」です。
今回は、その「ハタヨガ」で使っている体について、ヴェーダーンタというヨガの聖典のお話を参考にして見ていきたいと思います。
自分の体について、いつもとは違った見方ができればと思います。

ヴェーダーンタとは、インド伝統の知識の集合体であるヴェーダ(知識体)の中の最後の章です。この章には、「私とは何か?」について書かれています。(わかりやすく書くために、すごくざっくりとした説明ですが。)

「私とは何か?」って、わかっているような、わかっていないような、とらえどころがありませんが、体から、「私」を見ていきましょう。

さて、私が「私」としているのは、一体どこを指していますか?

私も含めて多くの方が、自分の体だと考えるんじゃないかと思います。

でも、私の体って、本当に「私」なんでしょうか?

私たちの体を作っている元素は、29種類あるのだそうです。
酸素、炭素、水素などの有機質が96%、残りの4%は、カルシウム、ナトリウム、マグネシウムなどの無機質だのだとか。
(学校の授業で勉強したはずですが、忘れていますよね。)
元素から細胞が作られ、細胞が人体を作っています。
人は亡くなると、「土に還る」と言いますが、人体の有機物が分解されて、土壌の一部に戻ります。
29種類の元素は、一時的に私の体を構成して、この体を保っているだけです。

ふつう私たちは、「体」のことを「私」と考えていると思いますが、
人体をつくっている元素は、「私」なのでしょうか?

そして、「私」と「私の外の世界」って、どこに境があるのでしょうか?
イメージとして、自分の体の皮膚を境界線にして、「私」と「外の世界」と分けて見ていると思います。

呼吸を考えてみると、
息を吸ったら、私の外にある空気が体の中に入ってきます。
この体の中に入った空気は、「私」なんでしょうか?
反対に、息を吐いたら、私の体の中にあった空気が出て行きます。
吐いた空気も「私」だったのでしょうか?
私の先生は、こんな話をしてくれました。
私を体だと思っているなら、私の爪も「私」です。
でも、伸びた爪を切ったら、切り落とした爪も「私」なのか、かつて「私」だったのか?

更に、私たちの腸の中には、100兆以上、数百種、重さで言うと約1キロの細菌が住んでいるそうです。
この体内に住んでいる細菌は、「私」ではないですよね。

「体が私」と思っていたら、よくよく考えると、いろいろと辻褄があわなくなります。
体を作っている元素などの物質も、実は「私」とは言い切れないし、
私の体と、外の世界との境界線も、実はあやふやなものでしかありません。
「体が私」というのは、何か違うのではないかと思いませんか?
元素が私の体を作り、保つことは、私個人の意思だけでは出来ないことです。
「体がある」ということだけで奇跡的なことで、その体を日常の心がけやヨガの練習で、大事に養っていきたいですね。

えみ