気づき

11月を担当しますchiemiです。

日に日に寒さが厳しくなり、そろそろ冬支度しなきゃなと、先日やっと衣替えが終わりました。
日中ポカポカと暖かい日もあり、ついつい後回しにしてました。
毎日同じような日々に感じても、少しずつ季節は変わっていきますね。

さて、今回は「気づき」に関して書いていこうと思います。

「気づき」というと少し堅苦しい響きで、難しく考えたくなりますが、簡単には「感じること」なんじゃないかなと思っています。
そして、「気づき」って「気づく」こと。そもそもそこに(自分の中に)答えが
あるから「気づく」んじゃないでしょうか。

なんだかややこしくなってきたので、これからの季節よく耳にします「身体の冷え」を例にしていきます。

まず、身体のどこか冷えてますか?

足先、膝、お腹、腰、お尻、肩。。。

ありますか?

今、冷えがある方もない方も身体に冷えがあるかないか「気づき」ましたよね。

「気づき」はきっかけのようなもので、「気づく」に繋がる1歩。

そして「気づく」は「知る」こと経験が伴うことだと思います。

では、実際に身体を手で触って確かめてみます。

どこがどんな冷たさですか?
硬さはありますか?
感覚はどうですか?
何か気持ちは動きましたか?
少し身体を動かすと、感覚は変わりますか?

最初の「身体の冷え」の「気づき」から実際に「気づく」と「身体の冷え」への感じ方も変わってくるのではないでしょうか。

今度は「気づく」とそこから「行動」に繋がる「選択」がうまれてきます。

お風呂の入り方を変えてみる。
ヨガのアサナを日常に取り入れる。
食事を気にしてみる。
呼吸をゆっくり、大きく温めるイメージでしてみる。
歩くことを多くする。。。。など。

1箇所の冷えでも、きちんと「気づき」があり「気づく」ことができると「選択」がうまれ「行動」に繋がりやすくなります。

頭で考えて出てきたものは、今までのパターンからの答えになりやすいので、「気づき」とは違います。

ご自身の中に見つけた「気づき」はご自身の中にしかないので、答えはご自身の中にしかありません。(ややこしいですね。。(笑))

だからこそ、どんな「気づき」(感じたこと)でもよく見てみてください。
今まで、知らなかったことに出会えるかもしれません。

季節と同じように、身体も心も日々も一瞬一瞬違います。

ぜひ、楽しく宝探しのように、身体と心、日々を探検してみてください。