マイクロバイオータ

少し遅いご挨拶ですが…

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年末年始で、皆さんお疲れじゃないでしょうか?

特に『腸』が。

本日は、そんな腸に関係の深い菌のお話です。

人間の腸内には1,000種類以上~100兆個以上とも言われる数の微生物が存在しており、腸内以外にも、皮膚や口の中などの様々なところに微生物が存在しています。

マイクロバイオータ(微生物の総称)は、私達の見た目が違うように、ひとりひとりの編成が異なるのです。親子、兄弟姉妹、双子でさえも、触れ合う人間関係や生活する場所などが異なれば、マイクロバイオータの構成が異なることがわかっています。私たちのマイクロバイオータは、私たちが物や人、動物などとふれあう度に相互に交換されているのです。

そう考えると、共に時間を過ごすという行為は、体内に備わっている微生物又はマイクロバイオータを通してお互いに影響を与え合っているということが考えられるのではないでしょうか。

人と人のつながりが減る現代ですが、この様な仕組みを知ると、隣にいる旦那さまや奥様、両親や兄弟、友達、知人、他人でさえ、必要な存在だという事に気づかされますね。

自分に感謝して、人に感謝して、今を生きれる事に感謝しつつ、新年の最初の挨拶とさせていただきます。

sakko