The Practice

今月のブログを担当します、たかこです。

私は今【The Practice】という3ヵ月連続のトレーニングの受講中です。

【Practice】を直訳すれば“練習”“修練”という意味だとわかりますね。

何を練習するかといえば、それはヨガの練習に間違いないので、さぞかし肉体的な練習をするのかと思われる方も多いでしょう。

もちろんマットの上での肉体的練習の課題もありますが、それだけではない“練習”を

日々行っています。

まず、食するものにいくつかの制約を以って3ヵ月を過ごすことです。

私たちは日々、好きなものを食べたり飲んだりしています。(中にはあまり好きではないけど健康に良いからと言って食するものもありますね。)

そう、私たちは常に好き、嫌いを基準で選択しています。

いくつかの制約はその好き、嫌いで判断することをやめ、受け入れるという行為の実践になります。また、だれも見ていないので制約を破ってしまうこともできますが、決めたことをやり抜く意志を持つことの修練でもあります。

先日は参加者全員(49名)が同時刻に太陽礼拝を108回行うという課題を終えました。

その課題が出された時、何人かは仕事や家庭などの事情で何曜日はだめ、この時間はだめと手をあげます。このままでは何も決まらない、と思えましたが

そこで“数名の都合に40名以上が合わせるのか、40名に数名が合わせるのか、どっちだ”

との問いかけをもらい、はたと気づくわけです。

ヨガのアシュタンガヨガ(八支則)の最初になぜ“ヤマ”があるのかということ。

自分個人の前に社会があり、そこに属すること、その調和を整えること。

文明の利器を携えオンラインでつながり、実際に太陽礼拝を108回行いました。

途中様々なマインドに揺さぶられながらも、同じように各地で行う仲間がいることが

やり遂げる原動力になったことがまさに“ヤマ”の実践、体験でした。

 

Yoga is experience

 

ヨガとは経験すること

 

この3ヵ月はまさに体験することです。

決してやらされているのではなく楽しみながら。