「ヨガをしてる」時とは

今月のブログを担当しますチカです。

クラスの始まりはマントラから始めますが、
師から学んだいくつかのマントラのうち、
私はよくマハリシ パタンジャリに捧げるマントラから始めることが多いです。

Yogena cittasya padena vacam
Malam sarirasya ca vaidhyakena
Yopakarottam pravaram muninam
Patanjalim pranjaliranato ashmi
om shanti shanti shantih
賢人の中の賢人であるパタンジャリに手を合わせて敬礼します
身体の疾患をアーユルヴェーダで、会話の間違いを文法で、そして、
マインドの不純物をヨガで取り除いてくれる賢人に敬意を表します
マハリシ、ただのリシ【賢人】ではなく、マハ【偉大な】と形容されるパタンジャリさん。彼については生きていた年代も、ひとりであるとか複数人いるとか諸説あるそうで非常にミステリアスなんですが、このマントラにあるように、ヨガ、アーユルヴェーダ、サンスクリット語の大家であったことは間違いないのです。
さて、改めてこの日本語訳をよーく読んでみましょう。
身体⇒アーユルヴェーダ
マインド⇒ヨガ
って書いてる!!!
ヨガってマットの上で身体に気付きをもつものじゃないの?!…って思いません?
また、ちょっとハタヨガに関してお勉強なさってる方だったら、マハリシ パタンジャリってヨーガスートラ編纂した人でしょ、ヨーガスートラってハタヨガの教え(八支則)が含まれてるでしょ、つーかそもそもハタヨガって身体使うヨガのことじゃないの?!…って混乱しません?
これ、全部私のかつての混乱♪
ヨガにどんな種類があるのかを勉強(流派としてではなく、潮流として、です)すると知ることが出来るのですが、どの種類でも目指す方向は同じで、その最終目的への辿り着く方法が違うだけなんですね。
例えばご存知マハトマ ガンジーは沢山の人に奉仕したマットの上に立たないヨギ(カルマヨガ)ですし、
マットの上ではなく机上で教本を読み込み今世を考えるヨギ(ニャーナヨガ)もいますし、
一心不乱に魂の成長を神に祈るヨギ(バクティヨガ)もいます。
マットの上で練習する事がヨガだと思ってたら、そうではないんです。
ハタヨガはざっくり言うと、自らの肉体をマインドの制御下に置く事で、心の動きを制する、というメソッドです。
思うように動かない身体にマインドから命令を出し続けるという鍛錬を積み、
身体的、内面的、感情的、知的、社会的、精神的にポジティブな状態にしていくって事ですね♪
魂は輪廻転生している、のがヨガの前提です。
輪廻転生しながら魂は成長を続け、成長を遂げた段階で人間界を卒業するのでしょう。(ハタヨガの教えではサマディと言い、仏教では涅槃とか解脱とか悟りとか言いますよね)
今世の魂の入れ物であるこの身体。
健全なる魂は 健全なる肉体に宿る!とマハリシ パタンジャリさんが言ったかどうかは置いておいて…。
魂の成長にはクリアな思考(マインド)が必要で、その為には肉体も健全にね!というように、身体のことってヨガに於いては目的、ではなくどちらかというと入り口に近い位置にあるんですね。
どの潮流に於いても、ヨガの取り扱い分野はマインドで、ハタヨガに至ってはそのマインドとのコミュニケーションツールとして肉体がある、という位置付けです。
ってなると、マット上で練習してる時だけが、”ヨガをしてる” んじゃ無いんですね☆
日常でヨガ的思考を保つ為に、マットの上に立つ、という認識です。
とはいえ、ハタヨガのアサナの練習には身体を健やかに保つヒントが沢山!よくもまぁ5000年も前にからこの智慧が体系化されてたなぁと舌を巻くことしばしばです。
マハリシ パタンジャリさんの教えに感謝をしつつ…クラスでお待ちしてますね♡