ヨガとアーユルヴェーダの関係性

2018年最初のイントラブログを担当しますチコです。

これまでアーユルヴェーダのドーシャのお話やスパイスのお話などを書いてきました(興味のある方はタグをクリックしてみてくださいね)。今回はヨガとアーユルヴェーダはどんな関係性なのか、ということを考えてみたいと思います。

ヨガとアーユルヴェーダは切っても切り離せない関係だと聞いてきたのですが、その割にヨガの練習生でもアーユルヴェーダを実践していなかったり、アーユルヴェーダに詳しくてもヨガの練習は日常的でない人も多いと思います。ヨガを補完するのがアーユルヴェーダなのか、アーユルヴェーダを補完するのがヨガなのか、さてどういうことなのでしょうか。

個人的な考えでは、1日を過ごすに当たってヨガもアーユルヴェーダも同じくらい必要不可欠で重要です。どちらも起床は夜明け前の精妙な時間帯を勧めます。起きてからすべき行為は体の中から荒い毒素を出す排泄を済ませ、睡眠後の汚れて混雑していない体の管に白湯やレメディーなどの必要なものを通し、ヨガの練習やオイルマッサージなどのトリートメントを行って1日を始めます。仕事や家事をしていてもどういうマインドであるべきかはヨガのオフザマットの練習ですし、空腹になればドーシャを乱さない食べるべき食事の内容をアーユルヴェーダが教えてくれます。

人生という長い目で見ても山もあり谷もあり、嬉しいこと悲しいことショックなこと困難なことが押し寄せてきます。ここでも起こった事象に対して反応するのではなく対応し受け止められるかはヨガの教えが役立ちますし、病気が発生しても精神的に乱れても原因となるドーシャの整え方はアーユルヴェーダが教えてくれます。現代の医療では病気になるとその痛みをなくすために投薬はしてくれますが、その痛みの原因は重要視されていません。しかしアーユルヴェーダでは原因も説明がつき、その解決法まで説かれています。例えば腰痛ですが、その解決法にはヨガとしてのアプローチもありますし、アーユルヴェーダとしてのアプローチもあります。どちらにも原因の説明と解決法が備わっていて、それが科学も未発達の数千年前から知恵として伝わってきているのです。

もう一つ、ヨガとアーユルヴェーダの共通点は「自分探し」です。ヨガでは「who am I?」自分とは何だろうという疑問を探る旅だと言えます。アーユルヴェーダでは自分の特質やドーシャを探っていく旅だと言えます。どちらも同じ頂上を目指しながらもそのルートが少し異なっているだけかもしれません。

ヨガは奇天烈なポーズをとったり柔軟性を競うものではないです。

アーユルヴェーダはオイルを垂らすだけの美容法ではないです。

情報過多なこの時代だからこそ、印象に振り回されずに脈々と受け継がれている知恵を生かして本質に触れて生活していきたいものです。