「安楽座」で座ること

今月のブログを担当します、えみです。よろしくお願いします。

過去に書いたブログを読んでいたら、ヴェーダーンタのことばかり書いていました。今回もそのお話です。

あなたがヨーガを始めたきっかけは何でしたか?
(サンスクリット語では、Oは長母音なので、ここではヨガではなくヨーガと書きますのでご了承下さい。)

健康
リラックス
マインドのリセット
ヨーガの教えを生活に取り入れたい

などなど、いろいろあると思います。

私の場合は、体の健康ために始めましたが、終わった後、何ものにも代えられない満足感があって、それが忘れられませんでした。
体とマインドがリラックスして、気分や感情、考えを落ち着かせてくれる効果を感じました。それからは、ヨーガなしではありえないと思うようになって今に至ります。

そんな私ですが、ヴェーダーンタの勉強を始めて、ヨーガの目的が変化しました。特に、アーサナ(ざっくりとした説明ですが、体を使う技法、呼吸法やポーズ)の目的に、大きなものが一つ加わりました。

それは何かと言うと、

長い時間、楽に座ることができる体にする

ということです。

ヴェーダーンタの勉強は、先生のお話を聞くことから始まります。
1クラス90分、合宿になると、1日3~4クラスを一週間以上行います。

長い時間、座り続けるのって、結構大変なんです。
始めはいいのですが、続けると自分の体の弱いところが出てきます。

最初に参加した合宿の最後はこんな感じになりました。

脚が痛い、痺れる
股関節に違和感を感じる、痛い
腰や肩が固くガチガチになる、ひどいと腰痛
ヒップの筋肉が硬くなって、痛い
膝が痛い、違和感を感じる

かなりたくさん出てきましたね。ひどいです。。。
これら全てを経験して、自分の体って、全然座れないんだと知りました。

先生のお話を聞いている最中に、脚を組み替えたり、体勢を変えると、一旦集中が切れます。
その前に、「身体が痛いな、脚崩そうかな。」と思っている時点で、集中力が落ちていますよね。
なんてもったいない、非効率だと思います。
長い間座ったままなんて、信じられないと思われるかもしれませんが、同じ生徒仲間の中でも、じっと動かず集中している方もいるんですよ。そして先生が脚を組み替えたり、体勢を変えるのを一度も見たことがありません。
私も、長い時間、楽に座れる体にして、集中して先生のお話を聞きたいと思うようになりました。

ある先生は、
「アーサナの練習は、瞑想で座ることができる体にするために行う」と
仰っていましたが、安楽座って、こういうことなんだと身をもってわかりました。

最近瞑想を始める方が増えているそうですが、まず胡座で座れない、何十分も座っていられない、という方が多いと聞きます。
そういう方は、アーサナの練習で、座る体を作ることをおすすめします。
体の準備はとても大切ですね。

えみ