ヨガは自分に還るもの

6月のblogを担当しますchiemiです。
梅雨に入り、天候もコロコロと変わる日々ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

気圧や気温の変動により、身体のダルさや熱っぽさ、心もコロコロと動き回り疲れやすくなってませんか?

やらなきゃいけないことはたくさんあるかもしれませんが、それらができるのも、身体と心があるからこそ。

疲れた時は、潔く休む!

そして、この時期からは、身体の中で、特に気になっていたり、冬場に不調が現れやすい箇所のメンテナンスをオススメします。

夏は出す作用が大きく出る季節なので、季節を味方につけながら整えるのに、絶好のチャンスです!

是非、お試しください。

さて

前置きが長くなりましたが、今日の本題。

みなさんは、ヨガを始めたきっかけって何ですか?

または、ヨガを続けている理由はなんですか?

健康のため
体幹を鍛えるため
心身がスッキリするから
運動不足解消
心を落ち着かせるため

まだまだ、いろんな理由があると思いますが、全て「自分に還るため」なのかなって思います。

自分に還るってなんでしょうね?
自分は自分だし。

わたしが思う「自分に還る」は「本来のところに、身体と心を戻していくこと」と捉えてます。

例えば、毎日仕事が立て込んでいて、身体は疲れ、思考は常に動き落ち着かない。

この状態は、リラックスしていて心地よい状態でしょうか。

きっと、イライラしたり何もやる気がわかなくなったり、身体も固まっている感覚が出てくるかと思います。

※身体が固まっていると柔軟性は、今は分けて感じてみてください。

全部の自分が自分ではありますが、できたら、リラックスして心地よい時間を多く過ごしたいじゃないですか。

「本来の自分」とは、力みがなく、自分のあるべきところにあること。

たとえ、そこからズレても、方法を知っていれば焦らず、いつでも戻れます。

ヨガで言えば

呼吸の仕方だったり
アーサナだったり
瞑想だったり
哲学だったり
アーユルヴェーダだったり

かたちにこだわらず、ただただ心地よく呼吸をしながら背伸びでもよいかと思います。

1つポイントとしては、自分の感覚を感じること。

今、何をどう感じるか。

同じことをしても、感覚を意識するかどうかで、1歩の大きさが変わってきます。

感覚は、自分だけの自分にしか感じることができない、サインであり自分の内からの声です。

今度ヨガをされる際は「今、何を感じるか」を遠くから観察するように、意識してみてください。

内からの声はなんと言うでしょうね。

では、楽しいヨガライフを。
そして、素晴らしい日々をお過ごしください。