瞑想の練習

ノアと申します。
10月のブログを担当いたします。

実はわたくし、こちらでレッスンを担当しているのは
月に1回。

ツチノコ?!のようなインストラクターでございます。

(お若い方はツチノコという言葉など
ご存知ないでしょうか…汗)

毎月第4日曜日

ハタフロー&メディテーション
陰陽ヨガ

というクラスを担当しています。
どうぞよろしくお願いいたします!

さてさて、すっかり秋らしくなりました。

最近は、SNSに「過去の思い出を振り返る」
という機能があったりします。

そこで、昨年10月の投稿を見たら、
「寒くなってきたので、
猫が夫の膝の上から離れない」
という投稿をしていて、

その写真で、暑がりな夫がぶ厚いカーディガンを
着ていることに驚きました。

そうか。
1年前の今頃は
こんな服を着るほど寒かったんだ。

なんて…

1年前のことなど、びっくりするほど忘れています!

とはいえ、私の場合、忘れっぽいのは
今に始まったことではなく
元来忘れっぽいので小さい頃から怒られてきました。

習字道具を忘れては
国語の先生に怒られ…

分度器を忘れては
算数の先生に怒られ…

公園に上着を忘れては
母に怒られ…

傘を忘れては怒られ…

会社員をしていた時も
取引先の方のお名前を忘れて
気まずい思いを…

もういいですね…^_^;

そんな忘れっぽい私なのに、

怒られた記憶は覚えていたりするのが
不思議なところです。

そしてそんな「怒られた記憶」たちが
記憶袋にいっぱいしまわれて

知らないうちに
「怒られちゃうダメなわたし」
という自分を形づくっていたりします。

ヨガがわたしに
与えてくれたギフトのひとつに

「ありのままの自分を受け容れる」

ことで、

「ダメな(だと思っている)自分から解放される」

ということがありました。

ただ、
「ありのままを受け容れる」って、できそうで意外に難しく…。

たいてい無意識のうちに、

こうしたいとか
この感覚は嫌とか
こんな自分は嫌とか

いろんな想いが生まれます。

空を眺めるとき
流れる雲をただ見つめるように、

ありのままを受け取る練習が
瞑想だと知って、
瞑想を行うのが好きになりました。

呼吸が流れている様子
体が変わっていく感覚
をただ眺める。

雑念はやっぱり、
次から次へとわいてきます。

体をこう動かしたい
もっと股関節が柔らかかったら…
なんて集中力がないんだ!

などなど

いろんな想いはわいてくるけれど
いま起こるその感覚を
そのまま眺める練習が
少しずつできるようになりました。

ただ起こっていることに
「よい」とか「悪い」とか
くっつけているのは自分なのだ

ということに
少しずつ気づくようになりました。

眠くなる時ももちろんあります。
(今でも!)

反対に、頭の疲れが取れて
スッキリする時もあります。

瞑想も訓練なので
その打率が上がればいいな!
と思っております。
(あ、煩悩が。)

瞑想って難しそう、
という方もいるかと思いますが、
ぜひ体験してみてください。

ご一緒できる方は
第4日曜日の13時
ハタフロー&メディテーションで
ご一緒しましょう!

最後までお読みくださって
ありがとうございます。

ノアでした。