苦手なこと

今回のブログを担当します、えみです。宜しくお願いします。

私は物事をやり始めるまで時間がかかるタイプです。どんどんやっていくタイプの方を見て、「フットワークが軽くていいなー」と思います。更にそれが、自分が苦手なことだと、徹底的に避けたくなります。そんな私ですが、昨年、苦手なことを始めました。

それは、「サンスクリット語」の勉強です。

サンスクリット語の文字をデーヴァナーガリー文字というのですが、この文字の読み書きは始めていました。デーヴァナーガリー文字をすらすら読めて、チャンティングができたらいいな、と憧れていたんです。

文字を学ぶなんて、英語のアルファベットを学んだ以来なので、かなり新鮮でした。少しずつ覚えて慣れて、馴染んでくると読めるようになるものですね。

まるで暗号を解くように面白くなってきました。読み書きができるようになって満足していたのですが、いよいよ文法を勉強することになりました。

英語を始め、語学が苦手な私が、文法を学ぶなんてとんでもないと思っていました。英語でさえ苦手なのに、なぜサンスクリット語?ですよね。できる限り避けてきたのですが、ヴェーダーンタを学ぶためには必要だとあらためて思ったので、ゆっくりでいいから、焦らずに学んでいこうと決意しました。サンスクリット語の「サンスクリット」という言葉は、「正しく成された」という意味があります。学んでみて少しずつわかってきたのですが、サンスクリット語はシステマティックな文法体系で、文法という正しい法則にそって理解していくと、頭が整理される感じなんです。文法を学ぶことで、論理的な思考法を身につける訓練をしているようです。

ヴェーダーンタは先生から言葉を通して学ぶものです。何かを教えてもらって理解する、ということは、論理的に説明されたことを、受け手である私が、ちゃんと論理に沿って考えることができないと、正しく理解することはできませんよね。私は今までそのようなことをあまり考えていなくて、「なんとなく、こんな感じ」と、漠然と、曖昧に物事を捉えていたことがなんと多いことかと気が付きました。他にもいろいろ理由はあるのですが、そんなことからも、ヴェーダーンタを学ぶためにはサンスクリット語を学んだ方がいいというのはそういうことだとわかりました。

ちなみにサンスクリット語は、日常使われている言葉ではありません。日常使う言葉は目まぐるしく変化しますが、使われていない言葉だから、変わらず伝えられてきたのだと思います。神が伝えたという言葉や、何百年前の聖人が残した言葉をそのまま読めるなんて、ワクワクします。(文章を理解するには、もっと自分の勉強と先生の解説が必要ですが)

そんなこんなで、苦手だと思っていた言葉の勉強にチャレンジしてみたら、意外と面白かったし、楽しいことがみつかりました!

自分が苦手だと思っていることって、私の過去の経験から作り上げた結論なだけで、本当は違うことってたくさんありそうですね。「苦手だから」と身構えたり、避けたりせずに、仲良くなれたらいいですね。