カテゴリー別アーカイブ: イントラblog

苦手なこと

今回のブログを担当します、えみです。宜しくお願いします。

私は物事をやり始めるまで時間がかかるタイプです。どんどんやっていくタイプの方を見て、「フットワークが軽くていいなー」と思います。更にそれが、自分が苦手なことだと、徹底的に避けたくなります。そんな私ですが、昨年、苦手なことを始めました。

それは、「サンスクリット語」の勉強です。

サンスクリット語の文字をデーヴァナーガリー文字というのですが、この文字の読み書きは始めていました。デーヴァナーガリー文字をすらすら読めて、チャンティングができたらいいな、と憧れていたんです。

文字を学ぶなんて、英語のアルファベットを学んだ以来なので、かなり新鮮でした。少しずつ覚えて慣れて、馴染んでくると読めるようになるものですね。

まるで暗号を解くように面白くなってきました。読み書きができるようになって満足していたのですが、いよいよ文法を勉強することになりました。

英語を始め、語学が苦手な私が、文法を学ぶなんてとんでもないと思っていました。英語でさえ苦手なのに、なぜサンスクリット語?ですよね。できる限り避けてきたのですが、ヴェーダーンタを学ぶためには必要だとあらためて思ったので、ゆっくりでいいから、焦らずに学んでいこうと決意しました。サンスクリット語の「サンスクリット」という言葉は、「正しく成された」という意味があります。学んでみて少しずつわかってきたのですが、サンスクリット語はシステマティックな文法体系で、文法という正しい法則にそって理解していくと、頭が整理される感じなんです。文法を学ぶことで、論理的な思考法を身につける訓練をしているようです。

ヴェーダーンタは先生から言葉を通して学ぶものです。何かを教えてもらって理解する、ということは、論理的に説明されたことを、受け手である私が、ちゃんと論理に沿って考えることができないと、正しく理解することはできませんよね。私は今までそのようなことをあまり考えていなくて、「なんとなく、こんな感じ」と、漠然と、曖昧に物事を捉えていたことがなんと多いことかと気が付きました。他にもいろいろ理由はあるのですが、そんなことからも、ヴェーダーンタを学ぶためにはサンスクリット語を学んだ方がいいというのはそういうことだとわかりました。

ちなみにサンスクリット語は、日常使われている言葉ではありません。日常使う言葉は目まぐるしく変化しますが、使われていない言葉だから、変わらず伝えられてきたのだと思います。神が伝えたという言葉や、何百年前の聖人が残した言葉をそのまま読めるなんて、ワクワクします。(文章を理解するには、もっと自分の勉強と先生の解説が必要ですが)

そんなこんなで、苦手だと思っていた言葉の勉強にチャレンジしてみたら、意外と面白かったし、楽しいことがみつかりました!

自分が苦手だと思っていることって、私の過去の経験から作り上げた結論なだけで、本当は違うことってたくさんありそうですね。「苦手だから」と身構えたり、避けたりせずに、仲良くなれたらいいですね。

パンチャカルマ体験

今月のブログを担当しますchicoです。今回は8月末からインドで受けたパンチャカルマのご報告をしたいと思います。

インドの伝統医療であるアーユルヴェーダは病気を予防し健康を増進し幸せな人生を送れるようにすることを目的としています。医療なので日々こういうことをすると良いという指針がありますし、各個人にあった処方をしてもらえます。

パンチャカルマとはそのアーユルヴェーダの中でも特に日々の生活で体に溜まってしまった毒素の排出やエネルギーのアンバランスを解消するための治療です。きちんとした効果を期待するならば最低2週間、食事も管理された状態でトリートメントを続けます。

私が滞在したのはムンバイから4時間ほど、プネという町に近いBSDTアーユルヴェーダ病院です。この病院はタタ財閥のサポートを受けており、ガン患者さんへの西洋医学とアーユルヴェーダの統合医療を行っていることでも有名です。

1日のスケジュールは空が明るくなる午前6時頃に用意されるハーブティから始まります。その後ヨガクラスを受けて部屋に戻るとチャイが配られ朝の回診があります。よく眠れたか食欲はあるか脈拍はどうか、この回診は朝と晩繰り返されます。お腹が張っているとか何か不調があれば個人個人で追加の処方がなされます。

午前中はオイルマッサージと各自のトリートメントがあり、その後はシャワーを浴びて休息します。ランチを食べて午後は薬草園に訪問したり、おやつの時間にはチャイや果物をいただいてゆっくりと過ごします。入院治療ですので休息をとることは大切です。晩の回診があって夕食を食べたら各自で就寝の準備です。

食事は基本的にインドのスパイス料理でベジタリアンです。食事と食べたものをきちんと消化するというのはアーユルヴェーダの基本ですので、消化のよいもの、もしくは患者さんによっては治療のための食事が提供されます。

私の場合は2週間この生活をした後、帰国後も2週間はベジタリアンの食生活を続けました。お陰でどの程度の食事量が自分に合っているのか、6味のバランスを注意深く観察するようになれました。

アーユルヴェーダもヨガも個人個人に合わせた練習や処方、トリートメントがとても大切です。人に効果があったからといってそれが自分にも100%の効能をもたらすのかはわかりません。自分の身体を隅々まで感じて観察することが何より自分を理解することを助けてくれます。

そして何気なく口にする食事が実は内面にも影響を与えて、例えば怒りっぽくなったりやる気をなくさせたりします。テレビや雑誌でこれが○○に効く!と流行ったとしても、飛びつかずにまずは観察してみましょう。神様がお造りになった人間の身体は本当によくできていて、適当な雑食をしていても消化してくれますが実は相当の負担をかけています。内臓に負担がかからなければ免疫力もあがりますし、細胞の一つ一つまで待ち足りた、真の底からの充足感がでてくるはずです。

口にするものを気をつけるのはアーユルヴェーダの教えが役にたちます。
内臓を活性化するのはヨガの動きが役にたちます。

インドで古代から伝わっている知恵には、本当にたくさんのヒントがつまっています。古代の知恵にとどまらず現代にも当てはまるのは人間の真理に沿っているからだと思います。この両方をうまく取り入れつつ、より健康で幸せな生活をおくりませんか。

*今回のパンチャカルマを主催してくれたのはアーユルヴェーダスクール/サロンのサトヴィックさんです。興味のある方は是非サイトをご覧くださいね。http://satvik.jp/

瞑想の練習

ノアと申します。
10月のブログを担当いたします。

実はわたくし、こちらでレッスンを担当しているのは
月に1回。

ツチノコ?!のようなインストラクターでございます。

(お若い方はツチノコという言葉など
ご存知ないでしょうか…汗)

毎月第4日曜日

ハタフロー&メディテーション
陰陽ヨガ

というクラスを担当しています。
どうぞよろしくお願いいたします!

さてさて、すっかり秋らしくなりました。

最近は、SNSに「過去の思い出を振り返る」
という機能があったりします。

そこで、昨年10月の投稿を見たら、
「寒くなってきたので、
猫が夫の膝の上から離れない」
という投稿をしていて、

その写真で、暑がりな夫がぶ厚いカーディガンを
着ていることに驚きました。

そうか。
1年前の今頃は
こんな服を着るほど寒かったんだ。

なんて…

1年前のことなど、びっくりするほど忘れています!

とはいえ、私の場合、忘れっぽいのは
今に始まったことではなく
元来忘れっぽいので小さい頃から怒られてきました。

習字道具を忘れては
国語の先生に怒られ…

分度器を忘れては
算数の先生に怒られ…

公園に上着を忘れては
母に怒られ…

傘を忘れては怒られ…

会社員をしていた時も
取引先の方のお名前を忘れて
気まずい思いを…

もういいですね…^_^;

そんな忘れっぽい私なのに、

怒られた記憶は覚えていたりするのが
不思議なところです。

そしてそんな「怒られた記憶」たちが
記憶袋にいっぱいしまわれて

知らないうちに
「怒られちゃうダメなわたし」
という自分を形づくっていたりします。

ヨガがわたしに
与えてくれたギフトのひとつに

「ありのままの自分を受け容れる」

ことで、

「ダメな(だと思っている)自分から解放される」

ということがありました。

ただ、
「ありのままを受け容れる」って、できそうで意外に難しく…。

たいてい無意識のうちに、

こうしたいとか
この感覚は嫌とか
こんな自分は嫌とか

いろんな想いが生まれます。

空を眺めるとき
流れる雲をただ見つめるように、

ありのままを受け取る練習が
瞑想だと知って、
瞑想を行うのが好きになりました。

呼吸が流れている様子
体が変わっていく感覚
をただ眺める。

雑念はやっぱり、
次から次へとわいてきます。

体をこう動かしたい
もっと股関節が柔らかかったら…
なんて集中力がないんだ!

などなど

いろんな想いはわいてくるけれど
いま起こるその感覚を
そのまま眺める練習が
少しずつできるようになりました。

ただ起こっていることに
「よい」とか「悪い」とか
くっつけているのは自分なのだ

ということに
少しずつ気づくようになりました。

眠くなる時ももちろんあります。
(今でも!)

反対に、頭の疲れが取れて
スッキリする時もあります。

瞑想も訓練なので
その打率が上がればいいな!
と思っております。
(あ、煩悩が。)

瞑想って難しそう、
という方もいるかと思いますが、
ぜひ体験してみてください。

ご一緒できる方は
第4日曜日の13時
ハタフロー&メディテーションで
ご一緒しましょう!

最後までお読みくださって
ありがとうございます。

ノアでした。

ヨガは自分に還るもの

6月のblogを担当しますchiemiです。
梅雨に入り、天候もコロコロと変わる日々ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

気圧や気温の変動により、身体のダルさや熱っぽさ、心もコロコロと動き回り疲れやすくなってませんか?

やらなきゃいけないことはたくさんあるかもしれませんが、それらができるのも、身体と心があるからこそ。

疲れた時は、潔く休む!

そして、この時期からは、身体の中で、特に気になっていたり、冬場に不調が現れやすい箇所のメンテナンスをオススメします。

夏は出す作用が大きく出る季節なので、季節を味方につけながら整えるのに、絶好のチャンスです!

是非、お試しください。

さて

前置きが長くなりましたが、今日の本題。

みなさんは、ヨガを始めたきっかけって何ですか?

または、ヨガを続けている理由はなんですか?

健康のため
体幹を鍛えるため
心身がスッキリするから
運動不足解消
心を落ち着かせるため

まだまだ、いろんな理由があると思いますが、全て「自分に還るため」なのかなって思います。

自分に還るってなんでしょうね?
自分は自分だし。

わたしが思う「自分に還る」は「本来のところに、身体と心を戻していくこと」と捉えてます。

例えば、毎日仕事が立て込んでいて、身体は疲れ、思考は常に動き落ち着かない。

この状態は、リラックスしていて心地よい状態でしょうか。

きっと、イライラしたり何もやる気がわかなくなったり、身体も固まっている感覚が出てくるかと思います。

※身体が固まっていると柔軟性は、今は分けて感じてみてください。

全部の自分が自分ではありますが、できたら、リラックスして心地よい時間を多く過ごしたいじゃないですか。

「本来の自分」とは、力みがなく、自分のあるべきところにあること。

たとえ、そこからズレても、方法を知っていれば焦らず、いつでも戻れます。

ヨガで言えば

呼吸の仕方だったり
アーサナだったり
瞑想だったり
哲学だったり
アーユルヴェーダだったり

かたちにこだわらず、ただただ心地よく呼吸をしながら背伸びでもよいかと思います。

1つポイントとしては、自分の感覚を感じること。

今、何をどう感じるか。

同じことをしても、感覚を意識するかどうかで、1歩の大きさが変わってきます。

感覚は、自分だけの自分にしか感じることができない、サインであり自分の内からの声です。

今度ヨガをされる際は「今、何を感じるか」を遠くから観察するように、意識してみてください。

内からの声はなんと言うでしょうね。

では、楽しいヨガライフを。
そして、素晴らしい日々をお過ごしください。