タグ別アーカイブ: えみ

自分を知ること

9月のブログを担当します、えみです。

今回は、今勉強しているベーダーンタのお話を、私の思ったことを交えて書こうと思います。

突然ですが、私たちが住んでいるこの地球には、どのくらいの生物の種がいるのか、ご存知ですか?

様々な説があるようですが、カナダのダルハウジー大とハワイ大の研究チームによる2011年の発表によると、870万種が正しいのではないかと推定されています。

その中で、現在発見・分類されているのは、121万2349種。陸の生物の86%、海の生物の91%は、まだ見つかっていないのだそうです。

驚きませんか??同じ地球に生きているのに、知らない生物がこんなにいるんですね。

私たちが知っていることって、非常に狭い範囲です。私たちが「知る」には、5つの感覚を通して外界の情報を受け取って認識する訳ですが、その知覚もとても限られた範囲でしかありません。私たちが聴くことが出来る音の領域は限られています。人間は20Hzから20kHzの範囲の音しか聴き取れませんが、コウモリやイルカはもっと広範囲の音が聴き取れます。

私たちが見ることが出来る光の領域も限られています。テレビの電波やラジオの電波、赤外線は肉眼では見えません。紫外線も見えませんが確実にあるので、肌は日焼けするしシミも出来てしまいます。

科学の発達で、顕微鏡、望遠鏡、超音波装置など、感覚器官が受け取る範囲を広げてくれる素晴らしい道具ができましたが、それでも限界があるのです。

目に見える範囲で、聴こえる範囲で、触れられる範囲で、味わえる範囲で、香りを嗅ぐことが出来る範囲で、世界を知ることはできても、五感の届かないところのことを知ることはできません。

「見えるもの、聴こえるもの、触れられるものがすべてで、何でも知っている」ように思いがちですが、人間が「知っていること」は、ほんとうに僅かです。更に私個人が「知っている」ことなんて、もっともっとちっちゃい範囲です。私たちは、ほとんど無知の世界を生きていると言っても良いと思います。

ヨガの勉強をしていると、「なぜそんなことがわかるの?人間の知覚、知識や知恵でわかることじゃないよね?」と思うことが度々出てきます。ヨガやアーユルヴェーダ、天文学などを含めた、インド伝統の知識の集合体であるヴェーダ(知識体)は、その人間の感覚では知り得ない部分を解き明かしてくれています。人間が知覚出来ない範囲も含めた、壮大な世界・宇宙のしくみ、秩序、法則が書かれているのがヴェーダの聖典です。

その中でもヴェーダーンタ(ヴェーダの最後)は、自分とは何か?ということを、私が知覚できない部分もあわせて教えてくれています。私は「聖典」と聞くと、自分にとって関わりのないものだと思い込んでいました。でも、私も含めただれもがこの宇宙の中で生きていて、その法則の中で生きているので、その法則は自分自身のことでもあるのです。

この先何があるかわからない、人生は先が見えないものです。わからないから、知らないから、迷ったり不安になったりするのは当然だと思います。自分のこともわからないと、更に混乱してしまいます。自分を知ることは、先がわからないながらも前に進む道を案内してくれることなんじゃないかと思うのです。

誕生もなく死もない

3月のブログを担当します、えみです。

 

早いものでもう3月末。寒い冬が終わり、春の桜の季節です。

毎年この時期になると、この桜の時期に亡くなった祖母を思い出します。

川沿いの桜並木は満開で、華やかに咲く桜を見ながら、葬儀場に向かった時の光景が目に浮かびます。

桜が祖母を見送ってくれているのだと思いました。

祖母は亡くなっても、なぜか近くにいて、見守ってくれているような気がします。同じようなことをみなさんも感じたことがあるのではないでしょうか?

 

死とは何か?私たちは死んだらどうなるのか?

古今東西さまざまな文化や宗教で、様々なことが語られています。

 

天国に行くとか。

三途の川をわたって、あの世に行くとか。

このようなお話は科学的に証明する方法がないので、何が正しいか間違っているかを決めることは出来ませんが、ほとんどのお話は、「肉体が亡くなっても次の世界があって、肉体の死が最後ではない」と言っているのは面白いですよね。

ヴェーダ(簡単に説明すると、大きな知識体。「生物学」「物理学」というような。いわゆるヨガやアーユルヴェーダなども含まれています。)では、「私」は肉体を手放した後、この世(イハ・ローカ)を離れ、次の肉体に生まれてくるまでの間、一時的に留まる世界(ローカ)があって、それぞれの成長の度合いによって行くローカが決まるそうです。いわゆる天国(ブラフマ・ローカ)に行くこともあれば、あまり良くない世界にいくこともあるのだとか。

 

そして、私が今勉強しているヴェーダーンタ(ヴェーダの最後の章)では、このように言っています。

「誕生もなく死もなく、原初より存在して永遠にあり続ける」(バガヴァッド・ギーター)

死もないし、生まれてもいない。

物理的な肉体は土に還り、私の考えも宇宙の中へ還って行く。

私という意識は、どこにも行かない。元々宇宙全体に満ちているのだから。

 

死なないし、そもそも生まれていないって、普通に考えると訳がわからないですよね。亡くなった人の意識は、あらゆるところに「ある」から、その人が近くに感じるのでしょうか。万物に神が宿るというのに似ているのかもしれません。

私はその意味を、時間をかけて理解して、いつか聖典が言うように世界を見ることが出来ればいいなと思います。

 

桜を楽しむ時間はあっという間に過ぎてしまいます。今年も自然からのプレゼントを慈しみ、楽しみましょう!

えみ

生まれてきた目的

9月のブログを担当します、えみです。
今回は先日観た映画の感想を書きたいと思います。

『かみさまとのやくそく ~胎内記憶を語る子どもたち~』

ざっくり説明すると、胎内記憶、前世記憶、中間生記憶などを研究している医師や研究者、体験者のインタビューです。

胎内記憶、前世記憶というと、「怪しい」と思われるかもしれませんね。確かにこれらの記憶は証明できるものでもないのですが、ヨガでも「生と死のサイクルの中で、肉体は良い行いの結果として生まれた」と言われています。ヨガとは関係のない子どもたちが、何を語るのかとても興味がありました。

胎内記憶を語る子ども達のお話では、ある部分がどの子どもも一致していたり、同じような胎内記憶の絵を描いたり、お母さんのお腹に宿った時に両親が住んでいた家のことを知っていたり(出産時には引っ越していたので知り得ないはず)、胎内にいた時に家族のことが見えていたり。

そのようなお話を聞いていたら、人間は肉体だけの存在ではないし、知覚や記憶を担うのは、肉体ではないとあらためて思いました。

そして「何のために生きてるんだろう?何のために生まれてきたんだろう?」と多くの人が一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?

この映画に出てきた子ども達は、目的を持って生まれてきたと言っています。それは人の役に立つため、それもお母さんを助けるためだと言うのです。自分からお母さんを選んで、ちゃんとわかって生まれてきたと。子どもはお母さんに何か特別なことをしてほしいのではなく、お母さんが幸せで、笑顔でいてほしいのだと。

ヨガのお話でも、「ひとりひとり、目的を持って生まれてきて、その目的にとって適切な場所に生まれる」とあります。私は前世の記憶も胎内記憶も全くないのですが、誰でもきっとこの時代、この場所に、この家族の元に生まれて、そして生きていることに意味はあると思っています。お母さんを助ける、人の役に立つって、何か偉大な、特別なことをする訳ではなく、些細なことでいいのかもしれません。お母さんにとっては、生まれてきた赤ちゃんの存在に励まされ、癒され、愛を深めるのだから、本当は誰もが「生まれてきただけでありがとう」「いてくれてありがとう」だと思うのです。

社会では様々な人間関係があり、利害関係があり、様々な欲求があり、そんな単純じゃないですが、辛い時や困った時に援助の手を差し伸べてくれる人がいたこと、気持ちが落ち込んだ時に通りすがりの人の笑顔に私まで明るくなること、周りの人の何気ない言葉が私を支えてくれたことは、無数にあります。

私たちは自分で気づかなくても、人の役に立っているということになりますよね。そして私たちを悩ませて困らせる状況や人も、自分の成長のためには必要なのかもしれないし。私は何を目的に生まれてきたと今はまだ確信を持っていませんが、この身体や意識を通して様々な経験が出来ることがとても貴重で嬉しいことだと思いました。

『かみさまとのやくそく ~胎内記憶を語る子どもたち~』
ご興味がある方はぜひご覧下さい。渋谷のアップリンクで上映中です。

ヨガの練習がもたらす変化

こんにちは。3月のブログを担当します、えみです。

みなさんは、どのようなきっかけでヨガをはじめましたか?そして何を思ってヨガを練習していますか?楽しい、体も心も気持ちがいい、健康のため、などなど目的もそれぞれです。ヨガを通じて得た経験も、一人ひとりそれぞれの特別な思いがあり、どれも良いと思います。

ヨガは体を動かすことだけだと思われがちですが、私はヨガの醍醐味は精神的なところまで作用することだと思っています。心の持ち方が変われば、自分の行動や発言、思考も変化して、それが人生を変える力になると実感しています。

今回は、ヨガは精神的にも効果があって、それが周りの環境なども変える力があるとあらためて教えてくれた、ある方のお話を紹介したいと思います。マニカヨガに通って下さっている、Kさんです。

今年の2月にベトナムでシヴァナンダヨガのティーチャートレーニング(ヨガの先生になるための4週間のトレーニング)を無事に修了し、帰ってきてくれました。(一緒にクラスを受けていた方々も、「今頃どうしているのかしら?」「帰ってくるのが楽しみですね」と話をしていました。立派にトレーニングを修了して、元気に帰ってきたことをまずお知らせします。)

マニカヨガでヨガの練習をしている方で、初めてヨガのトレーニングを受けた方です。私たちインストラクターは、多くの方にヨガの魅力を伝えたいと願っていますので、トレーニングを受ける程、ヨガに興味を持って好きになってくれたことは本当に喜ばしいことです。

Kさんは足繁くマニカヨガに通って下さり、「ヨガが好きなんだな〜」と感じていました。ある時、練習の上達ぶりが早いので、話を聞いてみたところ、平日の出勤前に職場近くのヨガスタジオでも練習をしているということでした。季節によっては、早朝まだ空も暗いうちに家を出て練習に向かっていったのだと。これはヨガにハマったな〜と思いました。

それからお互いにヨガのこと、仕事ことなどをお話するようになったのですが、当時のKさんは、職場がとてもストレスフルで、ご本人曰く「鬼の形相」で仕事をしていたそうです。そんな中、Kさんにとってヨガは、ストレスを解消して、体と心の疲れを癒し、心が落ち着くものだったのではないかと思います。

しばらくして、ヨガのトレーニングに興味があり、会社をやめてシヴァナンダヨガのトレーニングに行きたいというお話を受けました。もちろん、トレーニングを受けるのは心から大賛成でしたが、お仕事とか、諸々大丈夫なの?と少々心配でもありました。(気になったので、一緒にシヴァナンダヨガのセンターへ様子を見に行ったことも楽しい思い出です。)

Kさんの「トレーニングを受ける」という決意は固く、会社を辞めてまで行くことを会社に相談したところ、社長が理解して下さり、休暇を取ってベトナムへ行くことができるというではありませんか!Kさんの日頃の仕事ぶりが良いからこそではありますが、そこまでしてくれる会社はそうないですよね。この展開には本当に驚きました。「鬼の形相で仕事をする程のストレスフルな職場」のお話とは思えません。

よくよく話を聞くと、ヨガの練習を日々行うようになってから、以前はストレスに感じていたことが感じなくなった、受け止め方が変わったこと、その後職場内での様々な出来事があり、職場環境が良くなったと話してくれました。環境が良くなったことも、ベトナムに行くことも、ヨガをはじめた頃の状況からは想像できないことだったと思います。Kさんが今までしてきたことの結果がこのような流れになったのでしょう。本当に良かったね〜と嬉しい気持ちと、Kさんにとってヨガが少しでも力になっていたようで、それも嬉しい、という素晴らしい気持ちを経験させて頂きました。

そしてあっという間に3月になり、トレーニングを終えたKさんは、体が引き締まり、表情もすっきりして帰ってきてくれました。
「おかえりなさい!」
これからもヨガがあひるさんとともにいるように、ヨガの世界がもっと広く深くなって更に楽しい人生になることを願っています。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
みなさんはヨガを練習して、何か感じたこと、体験したこと、発見したこと、わかったことはありませんか?何もないな〜と思っていたとしても、もしかしたら気づいていないだけで、些細なことでも何かあるかもしれませんよ。意識を持って、新鮮な気持ちで、自分自身や周りを優しく見渡してみて下さい。
これからも、皆さんとヨガの楽しさ、喜びを分かち合いたいと思います。

最後にKさんからのコメントです。

「ヨガの練習を続けることで私が1番感じたことは、精神的な部分の変化です。いつのまにか物事の受取方が良い方へ変わっていました。この心の変化は、私自身も私の人生も、周りの環境でさえも、この1年で大きな変化をもたらしました。そして、当初、夢物語だった海外でのシヴァナンダヨガのトレーニングもいつのまにか現実化し、この度、無事にトレーニングを終えて帰国しました。トレーニングの受講にあたっては、散々悩みましたが、度重なる縁や偶然(必然?)により背中を押され、決断した途端、ドミノが倒れていくようにパタパタとおもしろいくらいに良い方向に流れていきました。この流れは本当に不思議で、1年前からは想像ができないくらいの大きな変化です。

私が今回トレーニグ受講に興味がわいたのは、私の心が変化した理由・ヨガと心のつながりを知りたい!そんな理由からでした。

この答えはあまりにも奥が深すぎて漠然としか理解はできませんでしたが、自分自身の気付きも多く、今の自分を受け入れることを学びました。ここで教えられたことはあまりにも多すぎて吸収しきれていませんが、少しずつ自分の中に落とし込んでいきたいと思っています。

非現実的な異次元ですごしたベトナムでのヨガ生活は、涙する日もありましたが、とても充実した楽しい1ヵ月でした。思い切って受講して本当によかったです。

今回トレーニングを受講できたのは、マニカヨガの先生達や両親、職場の人たちや友達、多くの人たちの助けと支えがあったからであり、本当に感謝しています。

ここ数年ヨガスタジオジプシーだった私が、マニカヨガと出会ってなかったらヨガにここまではまることもなかったし、こんなに生き方が変わることもなかったと思います。ヨガの力ってすごい!これからもヨガを続けることで学びを深め、いつの日かこの体験が以前の私のようにストレスで苦しんでいる人に少しでも伝えられたらと思います。

これからもレッスンよろしくお願いします!」

Kさん、ありがとうございました。