タグ別アーカイブ: ヤマ

The Practice

今月のブログを担当します、たかこです。

私は今【The Practice】という3ヵ月連続のトレーニングの受講中です。

【Practice】を直訳すれば“練習”“修練”という意味だとわかりますね。

何を練習するかといえば、それはヨガの練習に間違いないので、さぞかし肉体的な練習をするのかと思われる方も多いでしょう。

もちろんマットの上での肉体的練習の課題もありますが、それだけではない“練習”を

日々行っています。

まず、食するものにいくつかの制約を以って3ヵ月を過ごすことです。

私たちは日々、好きなものを食べたり飲んだりしています。(中にはあまり好きではないけど健康に良いからと言って食するものもありますね。)

そう、私たちは常に好き、嫌いを基準で選択しています。

いくつかの制約はその好き、嫌いで判断することをやめ、受け入れるという行為の実践になります。また、だれも見ていないので制約を破ってしまうこともできますが、決めたことをやり抜く意志を持つことの修練でもあります。

先日は参加者全員(49名)が同時刻に太陽礼拝を108回行うという課題を終えました。

その課題が出された時、何人かは仕事や家庭などの事情で何曜日はだめ、この時間はだめと手をあげます。このままでは何も決まらない、と思えましたが

そこで“数名の都合に40名以上が合わせるのか、40名に数名が合わせるのか、どっちだ”

との問いかけをもらい、はたと気づくわけです。

ヨガのアシュタンガヨガ(八支則)の最初になぜ“ヤマ”があるのかということ。

自分個人の前に社会があり、そこに属すること、その調和を整えること。

文明の利器を携えオンラインでつながり、実際に太陽礼拝を108回行いました。

途中様々なマインドに揺さぶられながらも、同じように各地で行う仲間がいることが

やり遂げる原動力になったことがまさに“ヤマ”の実践、体験でした。

 

Yoga is experience

 

ヨガとは経験すること

 

この3ヵ月はまさに体験することです。

決してやらされているのではなく楽しみながら。

 

足るを知る

10月のブログ担当のtakakoです。

【足るを知る・知足】

ハタヨガは8段階(アシュタンガヨガ)に基づいて実践すべきとされています。
実は私たちがスタジオで練習している【アサナ】は3段階目でその前に2段階の実践すべきことがあるのです。

1段階目は【ヤマ】・・・社会(他者)に対して行うべきこと(規律)
2段階目は【ニヤマ】・・・・自分自身に対して行うべきこと(規律)

ヤマ・ニヤマを合わせて10項目の規律がありますが、1つを終えてから次に向かうということではなく、すべて同時進行しながらも最初の項目を理解し、実践ができるとおのずと関連する項目の理解が深まると言われています。

【足るを知る】(サントーシャ)は【ニヤマ】の2項目にあげられています。
足るを知るとは十分だと思うこと。充足感を感じることとあります。
”満ち足りている”とはとても幸せを感じていることですね。

例えば仕事が順調で業績も上がっているとき、目標の学校、資格試験などに合格したときなど欲しいものが手に入ったときは誰もが幸せを感じることでしょう。しかし、その欲を満たして得られた幸せがずっと続くかというとそうでもありません。その上を目指したくなり、別の物を欲したりするものです。欲にはきりがないのです。そしてその欲が満たされないとなれば失望し、過去にとらわれて未来を憂いでしまいます。

【足るを知る】とは外部の物質に幸せを求めるのではなく、内側の充足を感じることです。そして内側の充足とは決して順風満帆の時だけでなく、厳しい状況においてこそ感じること。そこには過去にとらわれた執着を手放し、今を生きること。今できること、今すべきこと今を楽しむことによって真の充足感を得られるのだと言います。

先日私はそんな【足るを知る】を実践している人に出会いました。
厳しい状況の中、彼女は今やるべきことに集中していました。
恐れや不安とは過去の経験値をもとにしてその先(未来)を考えて生まれるものです。彼女が過去にとらわれて未来を不安に思っていたのであれば私たちの前には立っていなかったでしょう。強い決断、意志をもって受け入れて、自分のなすべきことをし、今を生きている。

このヨガの学びを実践している人を目の当たりにして身が引き締まる思いでした。
私も厳しい状況の中でこそ【足るを知る】を感じることができるだろうか。
ヨガの練習はマットの上だけでなくいつでも私たちのそばにあります。
そしてマットの上の練習が日常へとつながっていくように私自身も実践し、
少しずつお伝えしていきたいと思います。

日常にあるヨガ

こんにちは。12月担当たかこです。
寒い日が続いていますね、そして2014年もあと一週間少しとなりました。

今回は”日常にあるヨガ”について話したいと思います。
普段みなさんが教室で練習しているヨガは”ハタヨガ”と言います。
自分の身体を使って(ポーズなどをとること)行う練習です。
ハタヨガの練習には8つの段階が示されています。
それを”アシュタンガヨガ”といいますが、階段をひとつひとつ上るように
練習を行うことで本来の自分に到達するものです。
そしてこの身体を使う練習、”アサナ”と言いますが、この”アサナ”は
アシュタンガヨガの中の第3番目の段階となっています。
ヨガは身体を動かすものと認識されていればその前に何かあるの?
と意外に思う方もいるかもしれませんね。
実は”アサナ”を練習する前にやらなければいけないことがあるのです。

第1番目”ヤマ”
第2番目”ニヤマ”です。

一言でいうと”ヤマ”は社会的規範、”ニヤマ”は個人的規範となります。
この二つを実践して心身ともに健康であるからこそ
”アサナ”の効能が得られるというわけです。
(もう少し踏み込んだ内容にご興味があれば教室で開催される
不定期のヨガバナWSに参加してみてくださいね。)

心身ともに健康とは。
身体の痛みは自分の内側の滞りが外側に表れているものです。
内側の滞りをなくし自分の身体の声を聴く。

そんなときに本屋さんでたまたま手に取った
東大医学部救急医学の先生が書かれた【悩まない】という本。

・不要なものを手放そう
・顔や性格、人生が違えど私たちの根っこはみな同じ仲間
・心はコロコロ変わる。過去にこだわらない
・毎日生きていることが修行
・肉体は私たちの意識をのせてくれている大事な乗り物

いくつか抜粋する中でもヨガの練習と同じことが書かれていました。
視点を変えると今まで気づかなかったことに気づいたりします。
本質は不変で実はとても身近にありふれているのです。

そして最後にもうひとつ。
般若心経の現代語訳を抜粋します。
ここにもヨガの練習と同じことが書いてありました。

見えてるものにこだわるな。
聞こえるものにしがみつくな。

味や香りなんて人それぞれだろ?
何のアテにもなりゃしない。

揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。
それが『無』ってやつさ。
生きてりゃ色々あるさ。
辛いモノを見ないようにするのは難しい。
でも、そんなもんその場に置いていけよ。

それでは良いお年をお迎えください。