タグ別アーカイブ: 呼吸

瞑想、意識をしないマントラ

こんにちは
8月のイントラブログを担当します、ayumiです。

2月に3回に渡り、身近な視点から呼吸についてお話しさせていただきました。

心を映す鏡、それとも?
天然の空気清浄機
鼻呼吸で横顔美人

さて、今回も呼吸についてお話しの続きです。
今回のテーマは-瞑想、意識をしないマントラ-です。

「瞑想って、なんか難しそう」
「マントラって、ちょっと怪しいよねぇ」

って、思いました?
わたしもヨガを練習し始めた頃、すっごく思っていました。

毎朝ヨガを練習に行っていた時、最初の頃はわざと数分遅刻をして、
マントラを唱えなくてもいいようにしていました。
(先生には内緒ですよ!笑)
しばらく経ってマントラを覚えてくると楽しくなって
今ではマントラを唱えるのが本当に大好きです。

一般的にはそんな敷居の高い印象のある、瞑想とマントラですが
わたしたちが普段している呼吸が、瞑想であり、そして意識をしないマントラなのです。

瞑想にもたくさんの方法があるのですが、呼吸を使った瞑想がいくつかあります。
今回は、その中からひとつだけですがご紹介させていただきます。

「ソーハム瞑想」

ゆっくりと息を吸いながら「ソー(so)」と心の中で唱え
ゆっくりと息を吐きながら「ハム(ham)」と心の中で唱える
、、、という方法です。

「吸う(すう)」と「ソー(so)」、「吐く(はく)」と「ハム(ham)」
なんとなく音が似ていますね。覚えやすい!(笑)

サンスクリット語で
so→sa(h)「サハ(sah)」は「それ」
ham→(a)ham「アハム(aham)」は「わたし」という意味です。

ここで、それとは全ての根源(ブラフマン)のことを指します。
sah aham 「わたしは全ての根源である」

「その人それぞれの中に源があり、その人がその人らしくそこにいるだけで素晴らしい」

息を吸って、、、息を吐いて、、、
すう、、、はく、、、すう、、、はく、、、
ソー、、、ハム、、、ソー、、、ハム、、、

ただ呼吸をしているだけで、マントラを唱えているのだと、
サンスクリット語の先生がおっしゃっていました。

「呼吸は意識をしないマントラ」

宇宙中の全ての生き物が、絶え間なくこれをくり返しているのです。
そう考えただけで、全てがキラキラと輝いて見えてきますね。

瞑想でありマントラでもある、呼吸。
一回一回の呼吸を丁寧にしてみてください。

呼吸-鼻呼吸で横顔美人ー

こんにちは
マニカヨガイントラブログ2月担当のayumiです。

今月は「呼吸」のお話。3回目のきょうは-鼻呼吸で横顔美人ーです。

鼻呼吸が体にいいのは、前回でわかってもらえたと思いますが
もうひとつ、鼻呼吸を習慣化すると、とてもいいことがあるんですよ。

それは、、、
鼻呼吸で横顔美人になれるんです!!

口呼吸が習慣化しているひとは、常に口をポカンと開けた状態ですよね?
それって、口周りの筋肉がきちんと使えていないということなんです。

口周りの筋肉がつかえていないと、表情が乏しく見えるだけでなく
口角が下がり、口全体が前に出て、小鼻が広がり、鼻の下が長くなり、あごが後退します。

正常な状態は、頬筋、唇筋と舌筋とが、互いに押し合うことで
バランスが取れ、歯の位置が保たれています。
ポカンと口が開いていると、舌に押され歯が前に出てきてしまうそう。

小鼻が横に広がっているのも、口周りの筋肉が衰えているサイン
口を閉じることで、小鼻周りが締まって鼻筋も通ります。

それから、横顔で気になるのはあご先ですよね。
あご先も口を閉じる習慣だけで、シュッと美しいラインに近づきます。

口を閉じたら、鼻筋が通り、口角が上がり、あごのラインもきれいに、、、
口周りの筋肉がきちんと機能すると、横顔美人になっちゃうんです。

口を閉じるということは、必然的に鼻呼吸になります。
鼻呼吸をすることで、健康になるだけではなく美人にもなれるんですね。

普段からの鼻呼吸を心掛けてみてください。

持って生まれた機能や能力を生かし、内側からのキラキラとした健やかさで
生活を豊かに、楽しく過ごしていけたら、それはとても素晴らしいことだと思います。

今月はとても身近な「呼吸」についてお話しました。
普段、無意識にしている呼吸に、ほんの少しでも興味をもっていただけていたらうれしいです。

3回に渡りおつきあいいただき、ありがとうございました。
次回、わたしの担当は夏ころの予定です。

呼吸-天然の空気清浄機-

こんにちは
マニカヨガイントラブログ2月担当のayumiです。

今月は呼吸のお話。2回目のきょうは-天然の空気清浄機-
そう、鼻呼吸についてです。

ヨガクラスでは、なるべく鼻呼吸をするようにとお話します。
なぜ、鼻呼吸なのでしょう?

鼻で呼吸したときと、口で呼吸したとき
どんな風に違うでしょうか?

鼻の内部はとても複雑な形をしていて、それは全て粘膜で覆われています。
鼻から吸い込んだ空気は、その複雑な形状と粘膜によって加温・加湿され、
細菌や有害物質などは粘膜にある線毛の動きによって排出されます。

ということは、口で呼吸すると
冷たく乾いた空気が、ウィルスや細菌もそのまま体の中に入ってきてしまうということ。

さらに、寒さと乾燥は線毛の動きも低下させてしまいます。
口からの呼吸では余計に自己防衛機能を低下させてしまい、悪循環へ、、、

わたしたちは、生まれながらに高性能の空気清浄機を持っていたんですね。

もしかして、健康や健やかさへの近道は
あれこれと足していくことではなく、あるものを生かすことなのかもしれません。

さあ、もう今からさっそく鼻呼吸をしましょう!

ここで、鼻呼吸のコツをひとつお教えしますね!
それは「舌の位置」です。
舌先が前歯の裏側に触らない辺り、上あごに軽く舌の面を当てるようにすると
口からの空気の通り道が閉じ、自然に鼻呼吸になります。
奥歯は噛みしめないよう、上下の歯が2~3ミリ離れているようにしてみましょう。
リラックスして試してみてください。

といっても、長年の癖を治すのは難しいものですよね。
マスクをしていると、鼻呼吸になりやすいとも聞きます。
ドラッグストアでは、口を止めるテープ(!)なんてのも売っているそうですよ。

次回は、-鼻呼吸で横顔美人-です。
気になるでしょ(笑)お楽しみに☆

呼吸-心を映す鏡、それとも?-

こんにちは
先月から始まりました、マニカヨガイントラブログ2月担当のayumiです。

今月は3回に渡り「呼吸」についてお話したいと思います。
1回目のきょうは、-心を映す鏡、それとも?-です。

よくヨガクラスで「呼吸を大切にして」「呼吸はヨガそのもの」などとお話します。
なぜ呼吸が大切なんでしょうか?

わたしたちが、お母さんのお腹から出てきて初めにしたことは
「おぎゃあ、おぎゃあ」と一生懸命に泣くこと。
そう、肺をいっぱいに膨らませ呼吸を始めました。

その瞬間から今この瞬間、そして息を引き取る瞬間まで
寝ているときも、起きているときも、わたしたちはずっーと呼吸をしています。

その呼吸、今どんな感じですか?

浅い?深い?
早い?遅い?
さらさらした感じ?しっとりとした感じ?
口呼吸?鼻呼吸?

「息」という字は、「自」の「心」と書きます。
息(呼吸)が、自分の心だということ。

緊張しているとき、深呼吸をして緊張を解いたことありませんか?
呼吸と意識が繋がっているって、みんな知っているんですね。

一生のうちの呼吸の数が決まっているというのは、割と有名なお話です。

イライラせかせかしている時には、呼吸が早かったりしませんか?
ゆるゆるとのんびりしている時には、呼吸もゆったりしてますよね。

どんな意識、どんな呼吸をするかで寿命に影響、、、十分に影響しそうです!

無意識にも意識的にもできる呼吸。

その呼吸を丁寧にすることで、ヨガのアサナも、日常生活も、
そして、人生そのものも丁寧に過ごせるんだと思います。

呼吸は心を映す鏡どころか、その人そのものと言ってもいいかもしれません。

次回は、-天然の空気清浄機-です。