タグ別アーカイブ: 白湯

白湯

こんにちは、マニカイントラブログ2月担当のayumiです。

今回は【白湯】についてのお話したいと思います。

雑誌やネットなどでも、白湯が取り上げられている記事をよく見ます。
googleに【白湯】と入力するだけで、
デトックス、ダイエット、便秘改善、美肌や美容、冷え症解消、などなどなど
よさそうな効果が、たくさんたくさん出てきます。

たくさんのよさそうな効果については、雑誌やネットにお任せするとして
今回は、アーユルヴェーダの視点から【白湯】のお話をします。

アーユルヴェーダで白湯は『魔法の飲み物』とまで言われることがあります。
なぜ、ただのお湯のような白湯が魔法の飲み物なのでしょうか。

まずは、アーユルヴェーダの基礎知識を少し。

アーユルヴェーダでは、ドーシャという3つの性質があると考えられています。
それは、それぞれ「ヴァータ(vata)」「ピッタ(pitta)」「カパ(kapha)」と呼ばれています。
※詳しくは、chico先生の記事へ→【ヴァータ】【ピッタ】【カパ

この3つのドーシャそれぞれが調和している状態が、健康で良いとされています。
白湯は、全てのドーシャを含んだ完璧に調和のとれたものなのです。

ただのお湯が、完璧な調和?!?!

そうなんです、『ただのお湯』と『白湯』はとても似ているけれど、全く違うものなのです。
完璧に調和のとれた魔法の飲み物、【正しい白湯】の作り方を紹介しますね。

正しい白湯の作り方

①汲み立ての水をやかんにたっぷりと入れる
②水を入れたやかんに蓋をして強火にかけ、換気扇のスイッチをON!
③沸騰したら蓋を開け、ブクブクと煮立つくらいの火加減する
④そのまま10~15分ほど沸かし続ける

はい、完成。

簡単ですね(笑)

さて、この簡単な【正しい白湯】どんなふうに完璧な調和が取れているのか考えてみましょう。

3つのドーシャの代表的なエレメント、ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)
【正しい白湯】は、この「風」「火」「水」が完璧な調和をしているのです。

まずは「水」
汲み立ての水道水、またはそれを浄水したものがいいでしょう、
ペットボトルの水はなるべく避けましょう。
やむを得ずペットボトルの水を使う場合は、日本産の水にします。

次は「火」
電気ポットやIH調理器などではなく、ガスなどの火を使うようにしましょう。
これで「火」のエレメントを足します。

そして「風」
換気扇を回し、ブクブクを水蒸気が上がっている状態を10~15分保ちます。
ここで「風」のエレメントを足しています。

これで、完璧な調和のとれた【正しい白湯】になります。

次は、白湯の正しい飲み方について

がぶがぶとたくさん飲む必要はありません。
飲める温度(80℃~50℃程度)まで冷ましたものを、すするようにゆっくりと飲みます。

暑い時期や、ピッタが乱れていると感じる人は、熱過ぎるものを飲まないように気を付けます。
寒い時期や、冷えを感じたり、体が重く感じる人は、少し熱めの温度がいいと思います。

朝、起きてコップに1杯(150cc程度)、食事中にそれぞれ1杯ずつ
食間にも少しずつ飲んでも構いません。

朝、白湯を作り、朝飲んだ残りを保温ポットに入れて持ち歩き
一日かけて飲むくらいが丁度いいでしょう。

冷めた白湯は温めなおさず、また新しく作るのが良いとされます。
(ドーシャのバランスを考えればなぜかはわかりますね!)

飲み始めの最初のうちは、ただのお湯のように味気なく感じる白湯ですが
飲み慣れてくると(ドーシャのバランスが取れてくると)ほんのり甘く感じるんですよ!

アーマ(毒素)が溜まっていると、白湯がまずく感じそうです。

さあ、さっそく正しい白湯を作って飲んでみてください。
どんな味がするでしょうか?

とても手軽に生活に取り入れられる、白湯
ぜひ、みなさんも今から生活に取り入れてみてくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
正しい白湯がどんな味がしたか、是非クラスの時に教えてくださいね!

では、またクラスでお会いできるのを楽しみにしています。