タグ別アーカイブ: あゆみ

間違えるということ

こんにちは。
今回のイントラブログを担当しますayumiです。

普段の生活の中で、何かを間違えたり失敗すると恥ずかしいと感じたりしますか?
笑って誤魔化したりなんてよくやってしまいますよね。

わたしは、月に2回ほどヴェーディック・チャンティングの勉強会に参加しているのですが、ヴェーディック・チャンティングでは正しい音階と正しい発音で詠唱することが重要とされています。

音階は、基準の音、基準からひとつ上がる音、ひとつ下がる音の3つの音階で詠唱します。それともうひとつ、ギターのスライド奏法のように、基準の音からひとつ上がる音までを一音の中で変えるものがあります。

3つの音階しかないのですが、正しい音階で詠唱するのがなかなが難しいんです。

そして、サンスクリット語の発音もとても難しいです。
口を大きく開けて発声することさえ、普段は全くしていなかった事に気づかされます。
更には、舌を日本語ではありえない位置にもっていくような発音があり、これも本当に難しいです。練習しているとすぐに舌の付け根が痛くなってきます。

マントラが書かれているのはアルファベットで、ローマ字のようにそのまま読めばいいのですがそのアルファベットの上下に記号で音の長さや音階が記されています。

読み慣れない文字と記号、慣れない発音、音階、音の長さなどなど、
注意しないといけないことがたくさんあり、当たり前のようにたくさん間違えます。

一番最初に書いたように、ヴェーディック・チャンティングでは正しい音階と正しい発音で詠唱することが重要とされています。

間違った音階や発音で詠うと悪いカルマが貯まるなんていう噂も聞いたことがあります。
悪いカルマが貯まるなんて、呪いのようで怖くてチャンティングの練習ができなくなってしまいますよね。

でも、わたしも一緒に練習している人たちも、たくさん間違えてできるようになるまでたくさん練習します。それはそれは本当に楽しそうに。

なぜ、悪いカルマが貯まる呪いを恐れずに楽しく練習できるのかというと、
勉強会の最後に先生があるチャンティングをしてくれるからです。

間違ったチャンティングを帳消しにしてくれるマントラがあるのです!!
(お経にも同じようなものがあるみたいです!調べたら面白そうですね。)

これのおかげで伸び伸びとたくさん間違えながら練習ができます。
間違えることで自分の苦手がみえてきたりします。

どんなことでも最初から完璧にできる人なんてきっといないはず。

日常の中で何か間違えたりしても(わざと悪い行為をしたのでなければ)
悪いカルマが貯まるわけではないし、
「間違えたら恥ずかしい」なんて呪いをかけるのではなく、
間違えた結果正しい行いができるようになっていけばいいだけです。

日常に使える帳消しのマントラがありますよね。ご存知ですか?

「ごめんなさい、間違えました。」

取り繕ったり誤魔化したりなんかせずに、
間違いを認めることで、自分自身の更なる成長に繋げていきましょう。

自分で選んでいる

こんにちは。
今回のイントラブログを担当します、ayumiです。

少し前の話になるのですが
今年の夏、ジュースクレンズに挑戦しました。

わたしは、見た目の通りに食べることが大好きで
特にこれと言って嫌いな食べ物もなく、お肉もお魚も野菜もすきなのですが
時間で食べる毎日の食事、毎朝のカフェオレ、食後のデザートなどなど、
本当に食べたくて、本当に必要で食べているのか??という疑問が、
ヨガを初めて十数年経ってふと湧いてきました(やっと、笑。)

CMなどの影響で「健康にいい!!」と思い込んでいて、毎日のように食べていたたヨーグルトは、
アーユルヴェーダを勉強しだしてしばらくした6年前くらいから、わたしの体質には必要ないと納得して、
食べなくなりましたが、それ以外の甘いものやアイスクリームはほぼ毎日食べていました。

『クレンズ=断食』というイメージがあり、食べないという事に不安もあったので
まずは、一週間くらいフルーツと野菜のみで過ごすという事をやってみました。
割と元気に問題もなく過ごせたので、とうとうジュースクレンズに挑戦してみることに。

とりあえず、試しに一日だけ。
専門の店で一日分のジュースを朝に受け取り、それをスケジュール通りに飲むというもの。
一日かけて、コールドプレスジュース400mlを6本、それと同量以上のお水かお茶を飲みます。

固形物を全く口にしないので、体が追い付かないのか気持ち的なものなのか
いつもより疲れやすく感じ、正直な感想は「力が出ない。。。」
レッスンが3本あった日だったので、余計にそう感じたのかもしれません。
身体は動かないなぁとは思っていましたが、でも、気分はとてもいい感じです。

実行する日を調整したら、これならいけそうとだ思い
ヨガのレッスンがない日を選んで、週に3日間×3週というスケジュールを組んで挑戦しました。

たくさんの水分を飲んでいるからか、空腹感に襲われることもなく
大変だったのは朝ジュースを受け取りにお店に行くことくらいで、他は全く苦痛なく実行できました。
身体も慣れてきたのか、疲れを感じることもなく、ヨガの練習も普段通りにできました。
そして、クレンズのとクレンズの間の日には、なるべく消化のいいものを食べるように気を付けていました。

クレンズをしている間、そしてクレンズ後の変化としては、いくつかのいい事がありました。

体重が若干減り、アサナも楽にとれる事ができて、ヨガの練習もいつもにも増して楽しかったです。

それから、朝早く起きれるようになりました。
体質的にとても早起きが苦手だと思っていたのですが、
それは、夕飯をたっぷり食べていたからだと確信しました!(笑)
平日の仕事は9時くらいまで寝ていても十分間に合うので、
アラームはかけずに自然に目が覚めるまで寝るようにしているのですが
クレンズを実行している間は、自然に5時半ころに目が覚めていました。

内臓は、睡眠をとっている間消化が終わってから休んで、、、
休息がとれたら、それからやっと目が覚めるような仕組みになっているんだと思います。
たっぷり食事をした日は、朝起きるのがとてもつらく、気分も悪かったのですが
クレンズの期間は、気持ちよく目覚めていました。

そして、これが一番の楽しみだったのですが、、、
元々便秘症で、この”おおきなお便り”がいつ食べた食事なのかなんて到底わからないような状態でしたが
クレンズの期間は、一旦内臓が空になって消化するという仕事は休んでいます。
その後、クレンズとクレンズの間の期間に食事をとると、食べた量に比例する”おおきなお便”りが出てきます。
「あぁ、きのう食べたものがわたしの中を通ってここに!!」
という、なんとも楽しい気分になります。
わたしも自然の循環の中の一部だと実感できて、とても楽しかったのです。

クレンズを終え、食習慣も少し変わりました。
コンビニに寄らなくなり、カフェオレを飲む量もだいぶ減り2週間に一度くらいに。
簡単なものだけですが以前よりも自炊をする回数が増え、自宅ではほぼ野菜中心の食事。

でも、友人と外食するときには、肉も魚も甘いものもおいしく楽しくいただいています。
お土産などで頂いた甘いものも、ありがたく、とてもおいしくいただいています。

時間毎の食事や、カフェオレ、ヨーグルト、アイスクリームなど
それがあるのが当たり前になってしまっていて、ないと物足りなさを感じて
なんとなく、なくちゃいけないと思い込んでいただけなんだと、やっと気が付きました。

食事だけに限らず、わたしの行動全てはわたしが選んでいるのだと、選べる環境にあるのだと。

その選択をなんとなくしないで、本当に必要なものかしっかり見ていきたいと思います。
クレンズを自分からやってみようと思い、実行してみてやっと本当に理解し納得しました。

選んできた結果が、今のわたしで、
そして、今選ぶものが未来のわたしに。

ヨガニードラって

こんにちは
マニカヨガイントラブログ8月の担当のayumiです。

今月は、ヨガニードラについてお話します。

新月と満月あたりに、マニカヨガで練習されている「月のプラクティス」
このクラスでは、ヨガニードラを練習をしています。

ヨガニードラ?

そう、マニカの生徒さんにはもうおなじみの練習ですが
一般的には、最近になって練習するスタジオも増えてきたかなという感じなんですよ。

ヨガニードラとは、リラックスした姿勢で行うリラクセーション方法です。
1時間の練習で4時間の睡眠に匹敵するほどのリラックス効果があるといわれています。
老若男女だれでも取り入れることができ、ヨガをしたことがない方から、長くヨガを練習している方まで
日常のさまざまな場面で実践することができます。

例えば、通勤中の電車の中や、お昼休みの15分とか
なんとなくのお昼寝ではなく、ヨガニードラをしてみてはどうでしょうか。

アプリやCDなど、音源も今はたくさんあるようです。
ここでは、とっても簡単なヨガニードラの方法をご紹介しますね。

ヨガニードラの練習の前に、簡単なアサナをいくつかするといいですよ。
大きく伸びをしたり、軽く体をねじったりなどでも大丈夫です。

①横になった姿勢(シャバアーサナ)か、リラックスして座ります。
②自然に起きているゆったりとした深い呼吸を感じ、全身をリラックスさせます。
③ゆったりとした呼吸を感じながら、足先に3つ呼吸が届いているとやわらかく意識します。
④次は足首にと、各関節ごとに3つづつ呼吸が届いていると感じながら、順番に昇っていきます。
⑤順番に頭まできたら、次はリラックスした全身に深い呼吸が広がっているのを感じて、10呼吸程度味わいます。
⑥ゆっくりと時間をかけ、目を開けます。

慣れると自分自身でもできる練習ですので、ぜひ日常に取り入れてみてくださいね。

ただただ完全に身をゆだね、身体の隅々まで意識をめぐらせる。
ただそれだけで、無意識についてしまったくせを解いて
回数を重ねるほど、内側への静けさに、本来の自分に繋がります。

ayumi

白湯

こんにちは、マニカイントラブログ2月担当のayumiです。

今回は【白湯】についてのお話したいと思います。

雑誌やネットなどでも、白湯が取り上げられている記事をよく見ます。
googleに【白湯】と入力するだけで、
デトックス、ダイエット、便秘改善、美肌や美容、冷え症解消、などなどなど
よさそうな効果が、たくさんたくさん出てきます。

たくさんのよさそうな効果については、雑誌やネットにお任せするとして
今回は、アーユルヴェーダの視点から【白湯】のお話をします。

アーユルヴェーダで白湯は『魔法の飲み物』とまで言われることがあります。
なぜ、ただのお湯のような白湯が魔法の飲み物なのでしょうか。

まずは、アーユルヴェーダの基礎知識を少し。

アーユルヴェーダでは、ドーシャという3つの性質があると考えられています。
それは、それぞれ「ヴァータ(vata)」「ピッタ(pitta)」「カパ(kapha)」と呼ばれています。
※詳しくは、chico先生の記事へ→【ヴァータ】【ピッタ】【カパ

この3つのドーシャそれぞれが調和している状態が、健康で良いとされています。
白湯は、全てのドーシャを含んだ完璧に調和のとれたものなのです。

ただのお湯が、完璧な調和?!?!

そうなんです、『ただのお湯』と『白湯』はとても似ているけれど、全く違うものなのです。
完璧に調和のとれた魔法の飲み物、【正しい白湯】の作り方を紹介しますね。

正しい白湯の作り方

①汲み立ての水をやかんにたっぷりと入れる
②水を入れたやかんに蓋をして強火にかけ、換気扇のスイッチをON!
③沸騰したら蓋を開け、ブクブクと煮立つくらいの火加減する
④そのまま10~15分ほど沸かし続ける

はい、完成。

簡単ですね(笑)

さて、この簡単な【正しい白湯】どんなふうに完璧な調和が取れているのか考えてみましょう。

3つのドーシャの代表的なエレメント、ヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)
【正しい白湯】は、この「風」「火」「水」が完璧な調和をしているのです。

まずは「水」
汲み立ての水道水、またはそれを浄水したものがいいでしょう、
ペットボトルの水はなるべく避けましょう。
やむを得ずペットボトルの水を使う場合は、日本産の水にします。

次は「火」
電気ポットやIH調理器などではなく、ガスなどの火を使うようにしましょう。
これで「火」のエレメントを足します。

そして「風」
換気扇を回し、ブクブクを水蒸気が上がっている状態を10~15分保ちます。
ここで「風」のエレメントを足しています。

これで、完璧な調和のとれた【正しい白湯】になります。

次は、白湯の正しい飲み方について

がぶがぶとたくさん飲む必要はありません。
飲める温度(80℃~50℃程度)まで冷ましたものを、すするようにゆっくりと飲みます。

暑い時期や、ピッタが乱れていると感じる人は、熱過ぎるものを飲まないように気を付けます。
寒い時期や、冷えを感じたり、体が重く感じる人は、少し熱めの温度がいいと思います。

朝、起きてコップに1杯(150cc程度)、食事中にそれぞれ1杯ずつ
食間にも少しずつ飲んでも構いません。

朝、白湯を作り、朝飲んだ残りを保温ポットに入れて持ち歩き
一日かけて飲むくらいが丁度いいでしょう。

冷めた白湯は温めなおさず、また新しく作るのが良いとされます。
(ドーシャのバランスを考えればなぜかはわかりますね!)

飲み始めの最初のうちは、ただのお湯のように味気なく感じる白湯ですが
飲み慣れてくると(ドーシャのバランスが取れてくると)ほんのり甘く感じるんですよ!

アーマ(毒素)が溜まっていると、白湯がまずく感じそうです。

さあ、さっそく正しい白湯を作って飲んでみてください。
どんな味がするでしょうか?

とても手軽に生活に取り入れられる、白湯
ぜひ、みなさんも今から生活に取り入れてみてくださいね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。
正しい白湯がどんな味がしたか、是非クラスの時に教えてくださいね!

では、またクラスでお会いできるのを楽しみにしています。