タグ別アーカイブ: ありのまま

瞑想の練習

ノアと申します。
10月のブログを担当いたします。

実はわたくし、こちらでレッスンを担当しているのは
月に1回。

ツチノコ?!のようなインストラクターでございます。

(お若い方はツチノコという言葉など
ご存知ないでしょうか…汗)

毎月第4日曜日

ハタフロー&メディテーション
陰陽ヨガ

というクラスを担当しています。
どうぞよろしくお願いいたします!

さてさて、すっかり秋らしくなりました。

最近は、SNSに「過去の思い出を振り返る」
という機能があったりします。

そこで、昨年10月の投稿を見たら、
「寒くなってきたので、
猫が夫の膝の上から離れない」
という投稿をしていて、

その写真で、暑がりな夫がぶ厚いカーディガンを
着ていることに驚きました。

そうか。
1年前の今頃は
こんな服を着るほど寒かったんだ。

なんて…

1年前のことなど、びっくりするほど忘れています!

とはいえ、私の場合、忘れっぽいのは
今に始まったことではなく
元来忘れっぽいので小さい頃から怒られてきました。

習字道具を忘れては
国語の先生に怒られ…

分度器を忘れては
算数の先生に怒られ…

公園に上着を忘れては
母に怒られ…

傘を忘れては怒られ…

会社員をしていた時も
取引先の方のお名前を忘れて
気まずい思いを…

もういいですね…^_^;

そんな忘れっぽい私なのに、

怒られた記憶は覚えていたりするのが
不思議なところです。

そしてそんな「怒られた記憶」たちが
記憶袋にいっぱいしまわれて

知らないうちに
「怒られちゃうダメなわたし」
という自分を形づくっていたりします。

ヨガがわたしに
与えてくれたギフトのひとつに

「ありのままの自分を受け容れる」

ことで、

「ダメな(だと思っている)自分から解放される」

ということがありました。

ただ、
「ありのままを受け容れる」って、できそうで意外に難しく…。

たいてい無意識のうちに、

こうしたいとか
この感覚は嫌とか
こんな自分は嫌とか

いろんな想いが生まれます。

空を眺めるとき
流れる雲をただ見つめるように、

ありのままを受け取る練習が
瞑想だと知って、
瞑想を行うのが好きになりました。

呼吸が流れている様子
体が変わっていく感覚
をただ眺める。

雑念はやっぱり、
次から次へとわいてきます。

体をこう動かしたい
もっと股関節が柔らかかったら…
なんて集中力がないんだ!

などなど

いろんな想いはわいてくるけれど
いま起こるその感覚を
そのまま眺める練習が
少しずつできるようになりました。

ただ起こっていることに
「よい」とか「悪い」とか
くっつけているのは自分なのだ

ということに
少しずつ気づくようになりました。

眠くなる時ももちろんあります。
(今でも!)

反対に、頭の疲れが取れて
スッキリする時もあります。

瞑想も訓練なので
その打率が上がればいいな!
と思っております。
(あ、煩悩が。)

瞑想って難しそう、
という方もいるかと思いますが、
ぜひ体験してみてください。

ご一緒できる方は
第4日曜日の13時
ハタフロー&メディテーションで
ご一緒しましょう!

最後までお読みくださって
ありがとうございます。

ノアでした。

「ありのまま」とは

こんにちは。
6月のブログを担当いたします Chiemi です。

梅雨に入り、ジメジメムシムシしておりますが、みなさま体調はいかがでしょうか。
体調というのは、身体だけではなく心も大きく関わってきます。

気温と湿度の両方が高いと、熱が身体にこもりやすくなります。
うまく循環できずにいると怠さや頭痛、吐き気などが起こる方もいらっしゃいます。
何もしたくない、イライラや落ち込みなどもあったり。。。

そんな循環できていない時は、散歩や軽い運動をして流れを自分で作ってあげてください。
ヨガもステキな循環ツールですよ☆

なんだか宣伝みたいですね(笑)

さて、今回「ありのまま」というテーマで書かせていただこうと思ったのですが、

「ありのまま」ってなんでしょう??

昨年、映画で「ありの~ままの~♪」と流行し、たくさんの関連本やセミナーなどもいろいろなかたちであります。
「ほんとうの自分とは?」と「自分」に目を向け大切にしていこうという流れがおきているのはステキだなと思います。

ただ、「ありのまま」は自分自身の中にあるものなので既に「ここに」「今」あるんですよね☆

本やセミナー、SNSなどから情報を取り入れることはとてもよいこと。
ただ、たくさんの情報で頭でっかちになって、外に答えを探しに行き疲れてやめてしまう。

せっかくのステキな宝探しが、なんだかもったいないなと思ってしまうんです。

「ありのまま」=「そのまま」(今のまま)

わたしはそう感じてます。

そのままとは、「今」感じたこと、出てきたことを、素直に感じて出すこと。
「今」の自分を感じていくことが「ありのまま」の「自分」に気づいていくと思います。

わたしは、以前は素直に感じて出すことがなかなかできなかった人なんです。
ヨガをするようになり、外に向いていた意識が自分を観ること感じることに大きく繋がっていきました。

「ここ硬いな。」
「これは、気持ちいいな。」
「これすると呼吸しやすいな。」
「なんだか詰まった感じがする。」

「○○食べたい。」←これも、出てきたことなので、ただ「こんなの出てきた。」と客観的に観てあとは「今」感じる感覚に意識を戻して行けばOKです。

まずは、感覚に気づいていくことから「自分を知る。」を始めてはいかがでしょうか。

そして、わたしはよく「擦る」ことをします。

観ながら、自分の身体を擦るんです。
冷たいところ温かいところ、硬いところ柔らかいところ、触った感触、手触り。。。感じ方は左右によっても違うし、時間帯、季節、体調、年齢などによっても変わってきます。
視覚として気づくこともあるかと思います。

大きく何かを成し遂げよう的な感覚でいると、「ない」の感覚になりがちになり外に向きやすいので、ぜひ小さな(けど大切な大きな)ところからスタートしてみてください。

そして、身体は無限大の宝箱だと思ってます。
ぜひ、自分をワクワクしながらたのしく感じ体験し探してみてください。

「自分」を誰よりも愛し、大切にできるのは「自分」しかいません。

どうぞ、ヨガを自分探しのツールとしも利用してみては。

namaste