タグ別アーカイブ: アシュタンガヨガ

足るを知る

10月のブログ担当のtakakoです。

【足るを知る・知足】

ハタヨガは8段階(アシュタンガヨガ)に基づいて実践すべきとされています。
実は私たちがスタジオで練習している【アサナ】は3段階目でその前に2段階の実践すべきことがあるのです。

1段階目は【ヤマ】・・・社会(他者)に対して行うべきこと(規律)
2段階目は【ニヤマ】・・・・自分自身に対して行うべきこと(規律)

ヤマ・ニヤマを合わせて10項目の規律がありますが、1つを終えてから次に向かうということではなく、すべて同時進行しながらも最初の項目を理解し、実践ができるとおのずと関連する項目の理解が深まると言われています。

【足るを知る】(サントーシャ)は【ニヤマ】の2項目にあげられています。
足るを知るとは十分だと思うこと。充足感を感じることとあります。
”満ち足りている”とはとても幸せを感じていることですね。

例えば仕事が順調で業績も上がっているとき、目標の学校、資格試験などに合格したときなど欲しいものが手に入ったときは誰もが幸せを感じることでしょう。しかし、その欲を満たして得られた幸せがずっと続くかというとそうでもありません。その上を目指したくなり、別の物を欲したりするものです。欲にはきりがないのです。そしてその欲が満たされないとなれば失望し、過去にとらわれて未来を憂いでしまいます。

【足るを知る】とは外部の物質に幸せを求めるのではなく、内側の充足を感じることです。そして内側の充足とは決して順風満帆の時だけでなく、厳しい状況においてこそ感じること。そこには過去にとらわれた執着を手放し、今を生きること。今できること、今すべきこと今を楽しむことによって真の充足感を得られるのだと言います。

先日私はそんな【足るを知る】を実践している人に出会いました。
厳しい状況の中、彼女は今やるべきことに集中していました。
恐れや不安とは過去の経験値をもとにしてその先(未来)を考えて生まれるものです。彼女が過去にとらわれて未来を不安に思っていたのであれば私たちの前には立っていなかったでしょう。強い決断、意志をもって受け入れて、自分のなすべきことをし、今を生きている。

このヨガの学びを実践している人を目の当たりにして身が引き締まる思いでした。
私も厳しい状況の中でこそ【足るを知る】を感じることができるだろうか。
ヨガの練習はマットの上だけでなくいつでも私たちのそばにあります。
そしてマットの上の練習が日常へとつながっていくように私自身も実践し、
少しずつお伝えしていきたいと思います。